癌を初期に発見するための健康ガイド|病気に負けない体づくり

二本の柱で軽快めざす

カウンセリング

これらの治療方もやはり無理は禁物です。いくら糖尿病への効果が実感できたとしても、患者の勝手な判断でどんどんと量をアップしてしまっては逆効果になりかねません。専門家の意見を十分に聞いて、然るべきペースをきっちりと押さえて行いたいものです。

もっと見る

チームで対応します

介護

世田谷区の病院では、在宅医療を取り入れています。病院と連携しているため、自宅で治療を行なうことが可能です。救急の場合は専門医がすぐに駆け付けてくれます。定期検診を行なっているので安心して利用できるのです。

もっと見る

早めに気づき正しい行動を

シニア男性

自覚しにくい症状

癌にはその状態を示す言葉に、初期・中期・後期という言い方で示されます。つまり、癌は進行していくのが一般的であり、進行してしまうと治療も難しくなってしまう場合がほとんどです。このため、できる限り初期の状態で気付いていくのが重要です。初期の場合だと、治療も簡単で肉体的な負担も少なくて済むからです。ただし、初期のうちに気付くには症状に異変を感じなければいけませんが、多くの癌は初期症状がありません。あったとしても非常に気付きにくいものとなるので、見逃しやすいのです。こういうところが癌の厄介な部分となるため、いつもと比べて何か違うと感じたら注意する必要があります。そしてそれが続くようならば、病院で早めに検査を受けるようにしましょう。早めの行動が大きな事態を抑えてくれる結果にもなるので、日頃の健康管理がいかに大事かが分かります。

特徴を知る

癌の初期症状には、いくつか特徴があります。まず、皮膚にしこりを感じる場合です。乳癌などの皮膚に近いところで癌ができる場合は、その腫瘍の大きさから触ればしこりを感じるようになります。日ごろから皮膚の状態を触るなどしてチェックしていれば、異変に気付くこともあるかもしれません。出血が見られるときも、可能性は高くまります。便や尿に混ざっているときや、口から出る痰にも血液が見られたら疑いは強くなります。そして、体重の減少もその1つです。体重減少が一気に進んでしまう場合は、まずは病気として捉えるのが大事です。以上のことが典型的な症状となり、一見気づきにくいところはありますが、実は癌の始まりのサインでもあるのです。初期症状にいち早く疑いを持つようにし、病院で詳しい症状の説明や検査を受けていくのが迅速かつ正しい判断になります。

肥満の解消による症状改善

病院

肥満体質の人の多くは、腰部脊柱管狭窄症を引き起こす可能性があるのです。腰痛やしびれなどの症状を引き起こすため、日常動作を快適に行なえなくなります。病院に行くことで、改善することが可能です。

もっと見る