divorce future

離婚の理由が相手にあるなら弁護士を通じて正当な慰謝料を貰おう

離婚する際には正当なる慰謝料請求を行おう

長年夫婦生活を過ごしていれば、多くの問題に直面することがあります。しかし、そんな問題の中でも、これ以上この人と一緒にいることはできないと思わせるような事件が起こってしまった際、離婚にまで発展することは少なくありません。そんな時、相手が原因で離婚しなくてはならない場合は、正当な慰謝料請求を行いましょう。

離婚するにあたって慰謝料請求できる案件

  • 浮気または不倫をされた
  • DVをされた
  • モラハラを受けた
  • 生活費を渡されていなかった
  • 理由もないのに同居を拒否された
  • セックスレスがある

離婚の慰謝料は明確な金額が決まっていない

相手が悪い場合での離婚は慰謝料請求をすることができます。しかし、相場はあれど、明確な金額が決まっていない離婚の慰謝料は、夫婦間での話し合いで決まることが多いです。しかし、いざこざの中心人物同士で話し合っても、意見が食い違うことがあります。そんな時は弁護士を立てることで、冷静に話し合いを進めることができます。

[PR]
過払いは大阪の専門家に電話しよう
借金がチャラになる?

複雑な離婚問題も弁護士に相談することで納得できるものにしよう

電卓を持つ人

慰謝料請求はまず話し合いが大切

離婚ということになると、どうしても夫婦両方の意見が必要になります。片方が離婚と騒ぎ立てても、話し合いもないまま進めることはできません。しかし、離婚トラブルの内容によっては双方を対面させるのは危険だと判断されるケースもあります。そんな時は離婚専門の弁護士を代理人として、話し合いをおこなうことができます。

不倫相手に慰謝料を請求しよう

気付いた時には相手が浮気をしていたなんてこと、最近は多くなってきました。こんな相手すぐに離婚だと考えながらも、やはり慰謝料は請求したいものです。今まで幸せだった家庭を壊された気持ちを、慰謝料請求という目に見える形で行うことで、懲らしめることができます。また、不倫相手からも慰謝料を請求することができます。

慰謝料以外にも請求することができる場合がある

離婚するとなったとき、慰謝料請求はもちろんですが、もし夫婦間に子供を授かっていて引き取ることになる場合は、その子供の養育費を請求することができます。また、結婚している間に増えた共同財産は、離婚後夫婦で平等に分けることもできます。そういった可能性も踏まえて、離婚する際には身の回りを調べてみるのもいいかもしれません。

[PR]
離婚トラブルを弁護士に相談https://rikon.authense.jp/
手頃な価格で対応してくれる

離婚専門の弁護士に依頼した人たちの声

夫の浮気で離婚を決意した

子供が2人いて、まだまだ育ち盛りといったときに、主人の浮気が発覚しました。子供達のためにも話し合いで解決したかったけど、発覚した後も相手と会っていることが分かり、離婚を決意しました。養育費などの支払いをきちんと約束させたくて、弁護士さんに相談しました。

育児に興味がない相手と別れたかった

結婚して数年してから子供を授かったのですが、相手が育児に対して全く興味を示さず、常に1人で行っている状態でした。このまま生活をしていても子供に悪影響と考えて、離婚を考えました。最初はすぐに別れてもいいと思ったのですが、弁護士さんを通すことできちんと責任を明確にして、別れた後も養育費だけは払わせようと思いました。

[PR]
港区で税理士事務所を利用
プロが親身に対応してくれる

[PR]
離婚専門の弁護士事務所!
夫婦間のトラブルを迅速解決☆

[PR]
大阪の税理士が対応
記帳などのサポートをしてくれる

広告募集中