払いすぎた過払い金は戻ってくる可能性がある

divorce future

過払い金は返済し終わっていても調べることができる

払いすぎた過払い金は戻ってくる可能性がある

説明

過払い金は払いすぎてしまった利息のこと

消費者金融やクレジット会社の貸金業者などから融資を受けた際に、支払わなければならない利率があります。この利率は借り手と貸金業者との間で決められますが、通常の利率よりも高い利率での利息を支払っている事を過払い金といいます。そのため、利息が高くなり、毎月決まった金額を返済しても元本の返済が半分もできていないなどの問題が発生してしまいます。

男性

借金を減らすことができる場合がある

利息を多く払いすぎていたかもしれないと調べてみた所、過払い金が発生していた場合、多くが手元に払いすぎた金額が戻ってくることがあります。しかし中には過払い金が発生していないと判断される場合もあります。それでも貸金業者との契約を見直すことができ、金利がグレーゾーンと呼ばれる場合であれば、法定利率へ引き直して再度金額を計算することができます。この時に割り出される支払いすぎた利息を元本に充当させることができ、大幅な減額が可能なのです。

電卓を持つ人

弁護士にお願いすることで回収が可能になる

自分自身で過払い金を調べることはできますが、どうしても手続きが面倒になります。また、和解してもらえなかった場合の裁判なども行われることを考えると、弁護士に依頼するのが一番安全で確実ともいえます。貸金業者の中には、一般人だからと言って、低い金額しか支払いに応じない場合もあります。そのため、大阪の弁護士事務所の多くが過払い金問題を取り扱っています。

過払い金返還請求の大まかな流れ

説明

取引履歴を踏まえての引き直し計算

過払い金が発生している場合は、まず貸金業者から取引履歴を開示してもらう必要があります。その情報を元に利息の計算を行います。その利息が法定利率であるかをきちんと計算し、過払い金の返還請求が行えると判断できれば、貸金業者へ過払い金の返還請求を行います。

貸金業者との和解交渉を行う

返還申請を行なった後、貸金業者との和解交渉が入ります。この時に提示する書類に目を通してもらい納得してくれる場合もありますが、和解が成立しない場合もあります。成立しない場合は、裁判所へ過払い金返還請求訴訟を行います。ここで再度、裁判所を挟んでの金額交渉を行います。

過払い金を受取終了

すべての和解が成立すれば、貸金業者から支払いすぎた分の過払い金が支払われます。これを受取、過払い金問題は終了となります。また、この時弁護士を雇っていた場合は、弁護士費用を支払う必要があります。多くの弁護士事務所が成功報酬で行っている場合がありますので、契約の前に問い合わせてみましょう。

広告募集中