時効の援用を利用することで借金の時効が成立する

divorce future

長年返済できなかった借金を時効の援用で消滅させられる

時効の援用を利用することで借金の時効が成立する

ジャッジガベル

時効の援用とはどういったものなのか

借金にも時効が存在します。返済を行わず、一定期間が経過すると、請求できる権利が消滅します。しかし、消滅時効の期間が過ぎても、ある手続きを行わないと消滅はしません。それは、債権者に対し、時効が成立しており、消滅時効となっている意思を表示することです。これを「時効の援用」と呼びます。

弁護士バッジ

時効の破棄ができることも覚えておこう

時効の援用を利用して、消滅時効を行うことで債権者は権利を守ることができるともいわれています。しかし、やはり借りたものを返したいと考える人も多く、時効の援用を破棄し、きちんと完済することも可能です。その際に注意しなくてはいけないのが、契約時に「時効の援用しない」などの約束をしても無効になることです。時効の破棄は時効完成後にしか行うことができません。

時効の援用を成立させるために知らなければならないこと

弁護士

時効の期間と起算点を確認

時効の援用が可能になるのは、借金返済をストップしてから約5年から10年とされています。そのため、最終返済日の翌日が起算点となり、そこから時効を計算していく必要があります。時効が成立していない場合は大きなデメリットを抱えることになるため、注意が必要です。

最終返済日は必ず確認する

多くの借金は最終返済日の翌日からが起算点となるため、時効の援用を行使するためにはどうしても確認しなくてはなりません。しかし、長い時間がかかってしまっている場合は、調べることが難しくなります。そんな時は、「個人信用情報」の登録内容を確認しましょう。これらは各信用情報機関に情報開示請求の手続きを行うことで確認ができます。

裁判が行われていないかを確認

最終返済日の翌日から起算点は始まりますが、その時効進行期間の間で債権者から裁判を起こされている場合、時効が中断してしまいます。そのため、中断したあとから時効が進行されることになり、成立していると思っていた時効が成立していないことがあります。

広告募集中