癌を初期に発見するための健康ガイド|病気に負けない体づくり

チームで対応します

介護

心のケアにも効果的です

世田谷区では、最期を自宅で迎えたいと希望する人が増えています。これまでは、家族への負担が大きいことや緊急時の対応などにより、本人が望んでも病院での看取りが一般的でした。しかし、世田谷区では、在宅医療を充実していくためのガイドライン作成やケアの拠点作り、チーム作りなどに力を入れ、在宅医療の改善に努めています。世田谷区には、在宅医療に積極的な医師もいるので、地域の医師、歯科医師、薬剤師、看護職員、ケアマネジャーなどが連携してケアにあたれるようにしています。自宅は安心できる場で、家族とのつながりも増えます。病院から自宅に戻って、症状が改善したケースもあり、本人の心の平穏にもつながっています。定期的に医師がケアしてくれるので安心できます。

末期がんでも可能です

世田谷区では、末期がんの人でも在宅医療が受けられますし、認知症や慢性疾患、骨折などの症状があっても在宅医療が可能です。容態が安定していることが条件ですが、人工呼吸器や胃ろうなどの患者でも在宅での管理ができます。病院と連携して専門医がサポートし、綿密なプランニングのもとに実施されます。プランに沿って、定期検診やデイリーケアも行われ、本人だけでなく家族の不安も取り除く配慮がなされています。専用ダイヤルで24時間対応をしてくれたり、夜中の急変にも医療チームが対応してくれたりします。症状が安定していても、常に見守られている安心感があります。世田谷区では、今後さらに在宅医療の支援を手厚くして、寝たきり防止策にも力を入れていく方針です。